しおからコラム

「CLASSY10月号よみました」と、ブログにコメントいただきました。

 CLASSY.10月号の広告に関するコメント

ひさしぶりにブログにコメントいただきました。

しおからさんのツイッターをみて、思わずコンビニで立ち読みしてしまいました。 すごい量の広告、さらっと眺めるだけでも大変でした。 これは鬼営業でないと集められない量(笑) この量のページ、普通の読者の方がしっかり読むとは思えないし、お問合せがくるとも思えないですね~。 こんな広告でお金を集めないと雑誌としてやっていけないくらいになってきたんでしょうか。

読んでいただきありがとうございます。(?)

すごい量でしたよね。

今日、コンビニ寄ったのでさらっとまた読んでみたんですよ。

ページ数が書かれている部分が

〈PR〉

になってましたね。

正真正銘広告記事なのですが・・・

 

Facebookでの呆れた反応

あたかも取材を受けたのように思わせる書き方、読んだ人に錯覚させるような書き方をする人が嫌いです。

だってその先には高額商品が待っているから。

必要以上に自分を大きく見せないこと

こういうふうに持ち上げたり「わたしってすごいでしょ!?」的な雰囲気、苦手です。

ブランディングの一環なのでしょうが、あんまり自分を大きくみせるのはいかがなものかと思います。

徹底して「すごいすごい!」と思わせていて、契約してみて本性がわかったときの絶望感はすごいです。

バブルが弾けるように、ぱちんと消えてなくなっちゃいますよ。

しっかり中身を磨いてください。

 

POSTED COMMENT

  1. アバター 珈琲牛乳 より:

    はじめまして。
    マダムユキさんのブログからたどり着き、たびたび読ませていただいております。
    なぜかこの雑誌広告が気になってしまい、せっかくの楽◯マガジンを有効活用しようと開いたところ肝心の広告は見ることができませんでした。
    電子雑誌は一部のページが閲覧できないことがあり、中でも広告はカットされることが多いようなのですが、まさに彼女たちは取材ではなくて広告なんでしょうね〜と思いました。
    もやもやと「私がおかしいのでは?」と悩む人の後押しになってくれると思うので、しおからさんがブログを続けられるよう応援しています。
    以下、自分語りになってしまいますがお許しを。
    私は心身ともに弱っていた時期にキラキラ&スピ業界に足を突っ込みかけました。
    キラキラコンサルの前職を知り、「人を騙してきたような人が心を入れ替えるわけがない、これは新たな金儲けビジネスだ。この人、まともな事業経験も無い!」と気付いたこと、スピ系教祖の信者が教義にのっとり無礼な振る舞いをすることで目が覚め、痛手を負う前に脱出できました。
    その時に特に役立ったのはネットの匿名掲示板でした。なので、何かおかしいなという気持ちを後押ししてくれる存在は本当に大事だと思います。
    あと、「コンサル」って肩書きは◯◯総研なんかに勤めているような本当に優秀な人しか名乗らないと思い込んでいたので、良い勉強になりました(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA